High Sierra から El Capitan にダウングレードしてかなり苦労した話 問題認識編

シェアする

macOS 10.13.1からOS X 10.11.6に戻した話

OSのアップデートが来たらすぐに上げたくなっちゃうタイプの人っていますよね。

私です。

新しいもの大好き、新しい機能使いたい!と思って試したくなる衝動に駆られ今回は失敗したという話。

素晴らしいOSだとは思いますが、私の環境が合ってなかったのかもしれませんね。

備忘録とこんな体験私だけでいいと思うので、こんなことになるかもよってことで書き残しときます。

前提

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

Thunderbolt – Mini Display Port DELL 23inch

HDMI – HDMI EIZO 23inch

Bluetooth – Apple Magic Trackpad 2

USB – Apple Keyboard JP

High Sierra 10.13 にして起きた問題

ディスプレイ2枚接続時のシャットダウンの際に赤い線が表示され画面が乱れる。(ホラー

高負荷の作業後にBluetooth機器の接続が切れる。(主にMagic Trackpad 2

SMCリセット+ PRAMクリア + セーフモード後 再認識

これしないと永遠と認識しない。

不定期でプチフリ+レインボーマーク

・Chrome Safari VSCode iTerm の文字入力時

・MissionControl操作時

・High Sierraクリーンインストール後の初期設定時 (確認し覚えている範囲で

Parallels Desktop 11 for Mac 内のWindows10の解像度が非Retina化される。

(Support対象外なのでしゃーないといえばそれまで。

High SierraのAPFSにまだ対応されていないGoogle’s Featured Photos Screensaver – Google Plus

すごく綺麗なので使ってみてください。定期的に画像が変わるので飽きないですよ。

あと単純に体感のパフォーマンスがすんごく悪くなった気がする(数値がないので主観です。

Sierraにしなかった理由

SierraからMissionControlのスワイプ間隔が変わって違和感があった。

Sierraにして受ける恩恵があまりなかった

(iCloudでストレージ開放->まだ間に合ってます。

(Siri->Siriさんと話せるコミュ力が足りない。何を聞いていいのかわからない。

El CapitanからSierraにアップグレードした時にパフォーマンスが落ちたような気がしたから(体感

El Capitanにした理由

El Capitanにアップグレードした時のあのパフォーマンスが忘れられない(やばいひと。。

なんだかんだ言ってすごく安定してた。(個人的な見解

High SierraからEl Capitanにしてもアプリの互換性が保てそうだと思ったから。

まぁグチグチ言ってますけど

Sierra 10.12.6まで使って安定してて好きでしたし、致命的な問題は感じませんでした。

High SierraはAPFSでこれからますます洗練されていくと思うのですごく使いたいOSなのは代わりないです。これからのアップデートに期待です。

といったところでダウングレード方法を書いていこうと思うのですが、長くなりそうなので続きは次回!

If this blog is good
If this article is good
Bitcoin
12mEmvjEr4fwdJtiKWs5McV2Pm9LZB3iGX
スポンサーリンク
Sponsor Link



Sponsor Link



シェアする

スポンサーリンク
Sponsor Link